ファミリア(familiar)のセール参加前に読んでおきたい攻略法

ファミリアのセールは30%OFFになるとてもお得なイベントです。

毎回大人気セールで大勢の人が参加し、大混雑します。

来場者はみんなライバルです。

そんなライバル達に勝ち、少しでも快適にセールに参加し、良い服をGETするための攻略法を解説します。

セールに子どもは連れて行かない

これも鉄則です。

セールの日は家族に預かってもらいましょう。

セールは大混雑します。

大阪会場は、行きたい場所にも行けないくらい通路がぎゅうぎゅうになります。

子どもを遊ばせておくプレイルームもありますが、狭いので子ども、子守の親でこちらもぎゅうぎゅうになります。

そこに子どもを連れていくと大変ですし、そんな中でフットワークの軽さがものをいいます。

早起きしてなるべく先頭に並ぶ

これも鉄則ですが、なるべく早くならぶ事が大切です。

狭い会場だと入場規制がかかります。

入場規制がかかると外で並んで待っておかないといけなくなります。

寒い冬・暑い夏に外で待つのはかなり苦痛です。

また、当然良い服からなくなっていくので早くいくことが快適に買い物するコツです。

欲しい服を事前に決めておく

セール会場は大変混雑します。

会場でいろいろ服を見てから、考える戦略はオススメしません。

これは人が多すぎて、いろいろ見て回るのを諦めるパターンがすごく多いからです。

参加者の中でも「混んでいるから もう見るのはいいや・・・」という会話を良く聞きます。

事前に「これは欲しい!」という商品をリストアップしておき、その服から優先的にチェックしていくことをオススメします。

時間・体力が余ればいろいろ見て回れば良いです。

気になった服はとりあえずカゴに入れる

セール会場で気になった商品はとりあえずカゴにバンバン入れていきましょう。

後で紹介する、「お見分け場」というカゴに入れた服を買うのか?を選別できるスペースがあります。

最終的な判断はお見分け場で行うので気になった商品はとりあえずカゴへが鉄則です。

お見分け場を有効活用 お宝が残されているかも

ファミリアのセールでは、定番になっていますが、「お見分け場」というスペースがあります。

お見分け場では、カゴに入れた服を買うのか?考えることができます。

商品袋に入った服を出して、ワゴンの上に出し仕分け作業をします。

気になった服は商品袋にガンガンいれていき、お見分け場で精査するという流れです。

買わないと判断した服は、ワゴンに置いておけば係員が商品棚に戻してくれます。

お見分け場は、最終判断をする場としてだけでなく、他の人がいらないと判断した服をGETできるチャンスの場所でもあります。

他の方が買わないと判断してお宝商品が発見できることもあるので、忘れずにチェックする必要があります。

自分が欲しかった服を持っている人がいたらその人がお見分け場でワゴンに残していないのかを追跡するのも手です。

セール情報
ファミリアセール情報